病院の臭い 病院の臭いで悩んでいるあなたへ

[ニオイの相談室] 病院のニオイをクリアにする方法 ver201205-016
 様々な病院の臭い・・・病室、汚物、蓄尿、ベットや寝具、寝巻きなどいろいろですが、不快なニオイが発生する仕組みには共通点があります。これらのニオイが発生する仕組みやニオイが強くなる要因。そして臭わない衣類や寝具にする裏ワザなどをご紹介しているサイトです。
においとは何か?      不快な臭い発生の仕組み       臭いが蓄積されるもの       臭わない衣類にする裏ワザ

病院の臭い1     においとは何か?

”におい”とは小さいながら物質!
においとはどのようなものでしょう?まだまだ解明されていない不思議なもののひとつでもありますがまずはこの”におい”というもの実態を確認してみると・・・においとは小さいながら物質です。小さいので目には見えません。そしてその状態は気体。ガス状態ですね!ですので空中を浮遊します。浮遊するニオイ物質が鼻に入るとその信号が脳に伝達されニオイを感じます。ニオイ物質でない空気などが鼻に入ってもニオイを感じることはありません。人間が感じられるニオイ物質の数は数十万種類あると言われています。以上が”におい”というもののイメージです。


病院の臭い2      不快な臭いが発生する仕組み

不快なニオイをつくる犯人とは?
さて不快なニオイが発生する仕組みを体臭を例にお話しましょう!体臭の原因は?と聞かれると多くの方が汗がクサイと思われているようですが、実は汗は無臭です。お風呂で出る汗をクサイと感じることはないと思います。無臭だからです。しかし汗を吸い取った衣類などを放置しておくと強烈にクサクなるものも事実。実はここに体臭などを不快なニオイを作る犯人が隠れているのです。

汗は無臭なのですがこの汗を食べるヤツがニオイを作る犯人!

無臭の汗を食べてニオイを出す犯人とは・・・細菌です。細菌は汗や皮脂、アカや汚れなどを栄養にして繁殖します。そして繁殖する時にニオイを出すのです。人間も食事をすれば便や尿を出すように細菌は汗を食べてニオイを出しているというわけです。

細菌は繁殖するための栄養となる汗や皮脂などが豊富で高温多湿な環境だと大量繁殖し同時に大量にニオイを作ります。ですのでこららの条件がそろいがちな足とかわきの下、陰部などはクサクなりやすいのです。


病院の臭い3     ニオイが蓄積されるもの

空中を浮遊するニオイ物質が落着く場所!
さてニオイというは気体だというお話を最初にしましたが、こららのニオイ物質はどこかに落着きたくてしかたないのです。どういうところに落着くか?というと表面積が大きな場所に落着く性質があります。例えば活性炭や竹炭などが消臭剤として使用されているのは表面積が大きいためニオイ物質を吸着しやすいからです。

日常生活の中で表面積が大きいものの代表は!繊維製品・・・すなわち衣類や寝具です。糸などの繊維で出来ている衣類や寝具はとても表面積が大きいのでニオイ物質を吸着します。そして吸着されたニオイ物質は、環境により再び外へ飛び出すこともあります。要は衣類はニオイの貯蔵庫になっているとも言えるのです。

焼肉屋さんに行くと衣類がすぐにクサクなるのも同じ理由です。そこで最後にご紹介するとっておきの裏ワザは!衣類や寝具を臭わない衣類や寝具にする画期的な裏ワザです!

病院の臭い4       臭わない衣類する裏ワザ!

臭わない衣類の作り方!
そんな方法があるの?と思われるかもしれませんが!臭わない衣類にする裏ワザがあるのです!衣類にある処理をしておくことで身体から発生する体臭を消してくれる衣類にするという画期的な方法です。寝具やパジャマだけでなく靴下やシャツ、スーツなどにも適用できます。様々な体臭や加齢臭、生理臭などを消してくれる衣類にする方法の詳細は以下をクリックすると見られますので参考にされてみて下さい。

臭わない衣類にする裏ワザ詳細はココをクリックすると見られます!

関連サイトリンク欄
Copyright 病院の臭い対策サイト All Rights Reserved.